Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

http://makushop.jugem.jp/
My baby comes
読書メーター
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | |
ミスター・ヴァーティゴ
評価:
ポール オースター
新潮社
¥ 740
(2006-12)
初のアメリカ文学作品です。
以前、書店に行ったときに何となく広告に見せられて買ったような記憶がありますが、なかなか本棚から手に取れず積読本だった一冊です。

9歳の少年が師匠に誘われて空中浮遊の特訓をうけ、少年のその後の人生が描かれている一冊です。自分の立場や人生を受け入れて、強く生きていかなければいけないなぁとつくづく感じさせられました。
読んでみると意外と面白く、なんだか海外作家さん独特の表現な感じがしました。
たまには海外作品も読んでみると刺激になります。
| 一般@海外 | - | |
あの空をおぼえてる
評価:
ジャネット・リー ケアリー
ポプラ社
¥ 1,365
(2003-02)
今公開中の映画『あの空をおぼえてる』の原作です。
もともとは海外小説で映画は日本版にリメイクされています。
ワンコの名前まで日本名なのは少し淋しいですが…

原作自体は、主人公の男の子が亡くなった妹に向けて書いた手紙で成り立っています。
純粋に難しい事なく、素敵な家族のお話です。素直に感動できてさらっと読めました。
| 一般@海外 | - | |
悲しみよこんにちは
評価:
フランソワーズ サガン,朝吹 登水子,Francoise Sagan
新潮社
¥ 460
(1955-06)
久々に洋書を読みました。
この本は先日見たテレビ番組で紹介されていた一冊です。

フランスのサガンという作家さんが18歳の時に書いた作品だそうです。

主人公は17歳の少女なのですが、この年代特有の純粋さと残酷さを持ち合わていることをうまく表現されていて素晴らしい本でした。
ただ、洋書なので多少読みづらいかったり、表現がわかりづらかったりしました。
| 一般@海外 | - | |
湖が青く輝くとき
評価:
ユッタ トライバー
講談社
---
(1998-07)
どこかのサイトにお勧めがあって、図書館から借りてきて読みました。

この作品は是非、中学生・高校生に読んでもらいたい一冊ですね。

結構大胆に描いてあると思いますが、とてもリアリティがあってドキっとさせられる描写がありました。
主人公ギーゼラの自立心は見習いたいものがあります。
| 一般@海外 | - | |
| 1/1 |
Material by Night on the Planet
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.