Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

http://makushop.jugem.jp/
My baby comes
読書メーター
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | |
雑記//気になるファンタジー
最近ファンタジーにめちゃハマリしています。
ファンタジーってホントに面白いです。

ファンタジー記事を見つけるとツイツイ誘われて読んでしまいます。
まだまだファンタジー初心者なので、いろんな面白い作品が読めるのを楽しみにしている今日この頃です。

■書店員のオススメ読書日記
 ・寒い日にこそヌクヌクと、布団で読書はファンタジーで決まりでしょ?
 http://blogs.yomiuri.co.jp/book/2006/12/post_f4c3.html
 ・『エラゴン』
 http://blogs.yomiuri.co.jp/book/2006/11/post_7c4e.html
| 雑記@KIYO | - | |
松陰読本
先日、いろいろないきさつがあり、山口県教育会が発行している「松陰読本」を読む機会がありました。

教育委員会が発行してるだけあって、小学校3・4年生くらいから読める感じで冊子のような教科書のような作りになっています。
なかなか読みやすく、大まかな松陰の生涯が分かるようになっていました。

いやはや、勉強熱心な松陰に驚かされるばかりです。

■松陰シリーズ(松陰読本より)
http://yicin.komachi.gr.jp/~yicin-net/kyoiku/shoin/shodoc.htm
■やまぐちを知ろう 【やまぐちの歴史】
http://www.ysn21.jp/furusato/know/03history/history09.html
| 雑記@KIYO | - | |
雑記//義経の元カノ?
先日、岡崎城とその近くにある家康館に遊びに行ってきました。
岡崎は家康の誕生の地です。
岡崎城は岡崎公園の中にあるのですが、公園もキレイでとても楽しかったです。

ランチには八千代本店さんでなめし田楽定食をいただきましたが、ホントにおいしいっ!!
ちょっと変わった菜めしで、お漬物やお吸い物もとっても上品なお味でした。

八千代本店
愛知県岡崎市康生町561-1 岡崎公園内 0564-22-0267

ところで、その岡崎公園を散歩していると、浄瑠璃姫の供養塔があったので説明を読んでみるとビックリ。
義経と付き合ったものの義経が旅に出てしまった為に川に身を投げた女性のお話が・・・
わぁお!まさに悲恋なお話。
浄瑠璃姫は義経の元カノだったのですね。
義経の人間臭さが見えてちょっと身近に感じられました。
ちなみに、この話が「浄瑠璃物語」として語られ、浄瑠璃の起源となったそうです。

■岡崎市観光協会:浄瑠璃姫伝説コース
http://www.city.okazaki.aichi.jp/kankokyokai/push/005/005.htm
| 雑記@KIYO | - | |
行くべしオアフ島・見るべしオアフ島―あの“モーハワイ・コム”編集長へなちょこ・しゅんが55スポットに潜入レポート!!
評価:
へなちょこしゅん
ソニーマガジンズ
¥ 1,500
(2004-05)
春頃にハワイに行こうかと計画しています。
2004年に韓国に行って以来の久しぶりの海外旅行です。

ワンコをお留守番させるのはとても心苦しい(寂しいのは私たち夫婦の方だったりします・・・)のですが、心を決めないと旅行に行けなくなってしまうので決意しました。

なので今、ハワイ本探しています。
ハワイはさすがですね。雑誌もエッセイや写真集もスゴイ冊数、出版されています。
選書をする腕が試されそうですね(^▽^;)
でもよくあるお買い物や食べ物だけの雑誌じゃなくて、ちょっと歴史探索や文化とか自然などに触れれるような本が読んでみたいなぁと思っています。

すこし検索してみてこんなサイトを発見。

本屋さんにないハワイの本 http://kassy.parfe.jp/long_stay.htm

ちょっとマニアックなハワイ本も紹介してあって、ハワイ本に関してかなり役立ちそうなサイトです。
どんな本にしようかなぁと悩まされる今日この頃です。

いろんなサイトを見ていて結構人気がありそうなハワイ本がρ( ̄∇ ̄o) コレ。
多少マニアックな内容で面白いらしいのです。
早速Amazonでゲット!届くのが楽しみです。
| 雑記@KIYO | - | |
雑記//初めての用語集
評価:
自由国民社
(2006-11-02)
先日、生まれて初めて『現代用語の基礎知識2007』を買ってみました。

図書館学を勉強し始めてから、先生にこんな本もパラパラ見てると面白いという話を聞いて興味を持ったのです。

ホント、こんな面白い本あったんですね。
何となくこういう本があることは聞いたことはあっても、恥ずかしながら手にとって見たことがなくて、どんなものなのか知りませんでした。

いざ興味を持って調べてみると、ジャンルは辞書になるんですかね。。。用語集というんですかね。
私でも聞いたことがある本が3冊ありました。ちょっとご紹介。

『imidas〈2007〉』
内容(「BOOK」データベースより)
全体12の大分野、さらに142分野に分け項目別に詳しく解説した最新キーワード事典。解説項目は17000項目、巻頭に五十音順の項目索引、アルファべット略語索引、大増補改訂したカタカナ語・欧文略語が付く。

『現代用語の基礎知識2007』
内容(「BOOK」データベースより)
新語と専門語、基礎語、知っておきたい基礎用語から「えっ!」と驚くトリビア・最新流行語まで。全283ジャンル・35000語+ビジュアル図版多数収録、全用語索引が付く。別冊付録「マナーと常識事典」付。

『朝日現代用語 知恵蔵 2007 』
内容(「BOOK」データベースより)
刻々変化する社会で働き、学び、生活する人のための現代用語事典。国際、政治、経済、サイエンスなど9部門の127分野で最新用語と基本用語をていねいに解説。2007年版では「環境」「IT」「外来語・カタカナ語」をさらに充実。付録に「日本語ドリル」&「手帳」が付く。

付録の多い知恵蔵も気になるし・・・どれにしようか迷いましたが、一番聞いたことがある現代用語の基礎知識のサイズのコンパクトさに負けました。

2007年度版だけあって、「ハンカチ王子」とか、さすがに新しい情報も豊富でかなり面白いです。
なんだかんだといろいろ用語を調べては楽しんでいます。
| 雑記@KIYO | - | |
雑記//書評サイト
読みたいなぁと思う本があると、ついついその本についての書評が読みたくなります。

私が参考にしている書評サイトをひとつご紹介。

『WEB本の雑誌』過去の新刊めったくたガイド http://www.webdokusho.com/db/

ココは書評が約5000冊収録してあって、ジャンル分けしてあったり、検索ができるようになっていてとても便利です。

書評を読んで面白そうだと思うと、まだ読んでない本があるのに早速欲しくなっちゃうのです。
| 雑記@KIYO | - | |
雑記//YA小説
最近耳にする「YA(ヤングアダルト)小説」。
なんだか意味が分からなかったけど、YA小説という名で本屋さんに並んでる作品は惹かれるものがいっぱいなのです。

簡単に言うと、こどもも大人も読める作品のコトらしいのですが、、、「本虫のふん(http://guranbon.blog84.fc2.com/blog-category-37.html)」さんが分かりやすくご説明されています。
どうやらYA小説は最近は児童文学作家さんが活躍しているらしいのです。
なるほど・・・児童文学にハマっている私には当然惹かれる作品が多いわけです。

ちなみに以下はYA小説についてのKIYOのおススメ記事です。

■本よみうり堂
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20060809bk04.htm

■白水社
http://www.hakusuisha.co.jp/recommend/

なるほど〜!今、ちょっと気になってる森絵都さんや「バッテリー」(角川書店,2003)のあさのあつこさんもYA小説になるのね。
児童文学とのジャンル区別が曖昧な感じですね。
| 雑記@KIYO | - | |
雑記//辞書の魅力
先日、辞書をたくさん使って調べるレファレンスサービスの授業を受けました。
その宿題で大きな図書館に行き、半日さまざまな辞書とにらめっこしましたが、辞書ってなかなか面白いですね。

今更ながらで恥ずかしいのですが、世の中にあんなにたくさんの種類の辞書があるなんて知らなかった。
広辞苑(岩波書店,1998)なんて、小説より面白いかもって思うくらい、いろんなジャンルの知識が載っていて楽しかったです。

なので今、家庭に一冊くらい広辞苑(岩波書店,1998)があってもいいかなぁと思いつつ、ちょっと値段が高いので悩んでいます。
CD-ROM版じゃ面白みがないからやっぱり冊子の方が良いしね。。。

児童文学に続き、辞書にもハマりそうな今日この頃なのです。
| 雑記@KIYO | - | |
雑記//毎日check。
書籍関連で毎日かならず見るサイトが2つあります。
面白い書籍を探したりするのにはとても役立つサイトなのです。

以前、書籍関連のニュースやおススメ書籍が紹介されているようなサイトを探したのですが、なかなかないのですね。。。
その中でもやっと見つけたお気に入りの2サイトなのです。

『本よみうり堂』 http://www.yomiuri.co.jp/book/
ココは読売新聞のサイトです。このサイトでは「書店員のオススメ読書日記」(http://blogs.yomiuri.co.jp/book/)を結構楽しくよんでいます。
児童文学関係も「こども」の呂ら色々探せてとても役に立っています。

『WEB本の雑誌』 http://www.webdokusho.com/
ここはホントに面白いサイトづくりになっていて、暇つぶしに読んでいても楽しいのです。
特に好きなのが、「今月の新刊採点」(http://www.webdokusho.com/shinkan/)の呂任后C厩塰椶畔幻頬椶硫歛蠖渊颪何冊かあってそれそれ書評が載っています。
面白そうな書籍を探すにはホントに役立ちます。

もっともっと、この2サイトのような書籍関連の面白いサイトあるといいんですけどね。。。私が探しきれていないだけかな(^▽^;)

話は変わって・・・恥ずかしながらドラマの「東京タワー」で泣きまくっています。リリーさんの原作の方は未読なのですが、読んでみたくなっちゃいました(〃∇〃)
| 雑記@KIYO | - | |
雑記//お初。
突然ですが・・・最近、児童文学にハマってしまいました。
司書の資格を取ろうと大学に通っているのですが、授業の中に児童サービス論があって児童文学には全く興味がなかったのですが、はじめはレポートのために読んでいましたが、見事にハマりました。

ただ・・・児童文学って書籍代が高いのです( p_q)
司書の資格を取ろうとしている私が言うのもなんですが、私は書籍は購入派なのです。お気に入りの本は大切に持っておきたいのです。

なので、今まで文庫小説ばかり読んでいた私には今年の図書出費がすごいことになりそうな予感なのですが、読書は唯一の趣味!夫さんと一緒に過ごす時間と同じくらい、とっても幸せな時間なのです。ここはケチケチしていられません( ̄‥ ̄)=3

その分、他で節約、節約!
| 雑記@KIYO | - | |
| 1/1 |
Material by Night on the Planet
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.